小顔や足痩せの効果もある

注射器

製薬会社による違い

ボトックスは顔の表情シワをとることができると有名になっていますが、実はそれ以外の使い方をすることもできます。顔のエラが張っている部位に使うことで、顔をほっそりと小さく見せることができますし、同じようにふくらはぎに使えば足を細くすることができます。こういった使い方は表情シワをなくすものとは少し違った方法で作用を発揮します。表情シワをとる場合には気になる部位に注射をすれば、数日後から効果があらわれ始めますが、顔痩せや足痩せを狙う時には2週間ほど待たなくてはいけません。ボトックス注射をして筋肉の動きを抑制すると言う意味では同じですが、動きを抑制した筋肉が細くなるのを待つ時間が必要になるからです。筋肉の動きをなくすだけで効果を出せるシワとりと違って、筋肉を動かない状態にすることで徐々に細くなっていきます。その後ボトックス注射の作用が切れてしまうと、以前と同じように筋肉を使ってしまうので再び筋肉が太くなってしまう可能性もあるので、効果を持続させたい時には間隔をあけずにボトックス注射を行うことをおすすめします。シワとりは効果を持続させるためには何度も施術を受ける必要があることが多いのですが、小顔や足痩せの場合には何度か施術を受ければその状態をキープできる人もいます。そのためボトックス注射の中では比較的効果が長続きしやすい施術とも言えるでしょう。上手に利用することができれば、かなり長いこと理想の状態を持続させることもできます。医師に相談をしてボトックス注射の時期を計画しておくと良いでしょう。ボトックス注射と呼ばれているものの中には同じような薬剤を使っていても、製薬会社が違っていることがあります。最も有名なものはアメリカのアラガン社という製薬会社で作られているもので、価格が高くなっていますがその分品質にも定評があります。本来ボトックス注射はアラガン社の製品を使って行われるのが一般的でしたが、他の製薬会社からも同じ作用のある製品が発表されたのでクリニックによってはアラガン社のものではない製品をつかっていることもあります。商品自体の価格が安いので施術料金を安く抑えたいなどの理由で、他の製薬会社の薬が選択されることもあるようです。中には一つのクリニックでボトックス注射のコースがいくつかあり、自分で製薬会社を選べるところもあります。そういったところを利用すれば、安いボトックスを使ってお得に施術を受けられるということになります。しかし、安いということはそれだけ品質管理が徹底されていないということでもあるので、もしもアラガン社の製品よりも効果が低かったとしても、それは自己責任ということになります。滅多にあること尾ではありませんが、同じようにボツリヌス菌を使った製剤とはいえ、製薬会社が違うと効果にも差がでてくることがあります。施術を受ける人の体質なども関係してくるので、初めて違う製薬会社の製品を使う時には、十分に注意が必要です。最もリスクが少ないのは同じ製薬会社の製品を使うことですが、価格の安い製品は保存状態に差があるためにものによって品質が違うこともあるということを覚えておきましょう。

クリニックで行う手続き

看護師

簡単に受けられるボトックス注射は便利ですが、クリニックを選ぶ時は医師の能力を確認しておくと問題が起こりづらいです。注射を受けると体に負担がかかってしまうため、お風呂に入りたい場合は事前に入っておく必要があります。

詳しく見る

シワなどに使える治療法

注射器

シワの問題は簡単には解決できないので困りますが、ボトックス注射をすれば短期間て良い状態に変えられます。施術を受ける時の費用は5万円前後が多いですが、利用するプランによっては高額な支払いが必要になる場合もあります。

詳しく見る

多岐に渡る効果

医者

ボトックス注射の利用目的は、美容目的以外の医療の分野でも有効性が認められていますが、効果や副作用など知っておくべき基本的な知識が幾つかあり、アフターケアに応じてくれる信頼出来る医師選びも重要となります。

詳しく見る

Copyright© 2019 表情シワだけじゃないボトックス注射の効果【顔痩せや足痩せを狙う】 All Rights Reserved.