多岐に渡る効果

医者

知っておくべき事

美容やプチ整形に多少なりとも興味関心を持つ方であれば、一度は見聞きした事があるワードの一つがボトックス注射ですが、その利用目的は多岐に渡ります。そもそも、ボトックス注射はボツリヌストキシンの溶剤を注入する事で、筋肉を緊張させている神経の働きを抑える作用を利用し、筋肉の緊張を和らげる事を目的として行う物です。この作用を利用する事で、様々な美容効果が得られる事が着目され今や、押すに押されぬプチ整形の代名詞的施術になったと言って過言ではありません。ボトックス注射を利用する目的として挙げられる代表的な効果としては小顔化があり、これは特にエラの張りの改善縮小が期待出来る利用例です。その他にも、額や眉間などに刻まれたシワの改善する事で若返りを目的とした利用も、人気の高い施術となっています。更には、二の腕や脹脛などの部分痩せ効果を期待する目的での利用も、高い支持を受けている施術となっています。もう一つ意外な目的での利用としては、発汗を抑える効果を利用した脇汗や手汗などの改善が挙げられます。一般的には、ボトックス注射イコール小顔化と言うイメージがクローズアップされがちですが、小顔化以外の効果や顔以外の部位への効果も多岐に渡る施術と言えます。そして美容目的以外の分野に於きましても、ボトックス注射の効果が有効とされ利用する分野があります。それは、脳卒中でよくみられる障害の一つで筋肉が緊張しすぎて手足が動きにくかったり、勝手に動いてしまったりする痙縮という症状の改善を目的とした利用です。ボトックス注射の利用目的は、注目度の高い美容目的の分野に留まらず医療の分野に於いても有効性が認められていますが、知っておくべき基本的な知識がいくつか挙げられます。ボトックス注射の施術を受けた場合、施術後に即効果が現れる訳ではなく2、3日後に徐々に効果が現れ始め、約3、4ヶ月持続すると言うのが一般的となります。その為、効果を持続させる為には持続期間に合わせ繰り返し施術を受ける必要があり、医師と症状を相談しながら治療計画を立てていく事になります。効果の持続に関しては、何回かのサイクルでボトックス注射の施術を繰り返す事で、半永久的な効果を得られるとも言われています。最も多くの人が期待する効果として挙げられるのは小顔化ですが、ボツリヌストキシンの溶剤の性質からエラが原因のケース以外には、余り効果が期待できません。実際にボトックス注射の施術の効果が期待できるかどうかに関しては、医師とのカウンセリングなどによって判断する事になります。基本的には、体への負担や副作用が少ないとされるボトックス注射ですが、施術後に副作用が現れるケースも全くのゼロと言う訳ではありません。最も現れやすい副作用として挙げられるのは、筋肉の脱力による体のだるさがありますが、これはボツリヌストキシン溶剤の量が多すぎた場合に現れる症状です。この症状に限らず、何らかの違和感や副作用が表れた場合には、なるべく早めに医師に相談する事が必要となりますので、アフターケアに応じてくれる信頼出来る医師選びも重要です。

Copyright© 2019 表情シワだけじゃないボトックス注射の効果【顔痩せや足痩せを狙う】 All Rights Reserved.